介護のお仕事を目指すのなら実務者研修を受講してみましょう

笑顔の介護士

介護業務に必要な実務者研修の資格を資格教室で取ろう

手をつなぐ

近年では介護に関するお仕事で求人数が増えています。これからますます進んでいく高齢化社会において介護のお仕事での求人数は増えていくと思われます。介護のお仕事は無資格でも働く事は出来ます。しかしより専門的な知識をもっているともっと多くの介護が可能になっていきます。介護の資格は沢山あります。段階的に出来る役割が増えていきます。例えば実務者研修という資格を持っているとたん吸引や経管栄養などの処置を行うことが出来るようになります。もちろんできる処置が増える事でお給料にも反映されます。他介護の資格などが無い無資格からでも受験資格が得られます。介護の資格が段階的に出来る事が増えると記述しましたが、実務者研修の資格を持っていると介護福祉士の資格を取得することが出来ます。介護福祉士の資格は長く介護のお仕事をしようと考えているのなら持っていた方が良い資格です。介護のお仕事は無資格でも可能ですが、より専門的に働くのなら各資格を段階的に取得しましょう。実務者研修や介護福祉士など資格を取得するなら資格教室がおすすめです。資格教室では資格の為の勉強を効率的に出来て、資格対策もばっちりです。資格教室は実績で選びましょう。

介護職への就職が有利になる実務者研修

高齢化社会に入っている日本において、介護の問題は避けて通れません。しかし、実際には介護職不足の状態にあり、人材育成が早急の課題になっています。
介護に関係する資格はいくつかありますが、2012年4月にスタートしたのが実務者研修です。従来のホームヘルパー1級に相当するもので、基本的な知識と技術を学びます。国家資格でもある介護福祉士試験を受けるためには、実務経験3年以上に加えて実務者研修の修了が必須です。
実務者研修を修了すると、介護に関するさまざまな場面で活躍できます。ケアマネージャーと利用者のパイプ役として、サービス提供責任者の立場になれます。介護プランの目標を立てたり、介護士へ指示を出したりします。また、原則として医者や看護師のみに認められている、痰の吸引を行うこともできます。介護の現場で中心的な役割を果たして、仕事にやりがいを感じます。
ネットで調べると、実務者研修を実施している資格教室が見つかります。それほど高額な受講料でもありませんし、無資格でも半年程度の通学で修了します。家事との掛け持ちも十分に可能なので、女性でも通うことができます。
実務者研修を修了すれば、就職にも有利で介護業界で優遇されます。今後の需要が見込まれることは確実で、価値ある資格になっていくでしょう。

介護に興味があるならば実務者研修の受講を検討しよう

介護と一言にいってもたくさんの分野があります。代表的な高齢者介護の分野でも入所施設・通所施設・訪問介護事業など様々なものがあります。また、障碍者の分野でも介護の業務がありますし、そのほか、医療(病院など)の分野でも介護の人材が求められています。
介護の仕事に興味があって、資格を取りたい場合には色んな方法があります。その代表的な方法の一つが「介護福祉士実務者研修」です。実務者研修は原則450時間の研修で、基本的には介護の実務に就いている人を対象としていますが未経験の人でも受講することができます。また、介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)を修了している人であれば130時間を免除されます。
実務者研修は様々な資格教室で開講されています。最近では仕事をしながらでも取得できるように、座学(理論)を通信制で、実技をスクーリング形式で行っている教室もたくさんあります。また、教室によっては教育訓練給付金の対象になっている場合もあり、資格取得の金銭的負担を軽減することができる場合もあります。
実務者研修を修了すれば、介護事業者の職員配置基準においても有利になることもあり、待遇も良くなる場合も少なくありません。介護に興味がある方は、実務者研修を開講している資格教室を探してみてはいかがでしょうか。

  • お世話をする

    介護の仕事で取得を目指したい実務者研修

    介護の現場ではマンパワーを必要とする作業が非常に多く、人手が居なければ成り立たない仕事です。今後も介護を必要とするお年寄りの数が増加するのは事実でありますので、それに携わるべく人を養成することは重要になります。もちろん介護現場ではマンパワーを必要にしますが、一方では介護をする上では必要な知識や技術を必要とするのは言うまでもありません。その理由には被介護者が生きる上で不自由に感じてしまったり、…