介護のお仕事を目指すのなら実務者研修を受講してみましょう

笑顔の介護士

介護の資格を取るなら実務者研修にチャレンジしよう

車いすで散歩

介護の資格のひとつである「実務者研修」をご存知でしょうか。あまり耳になじみがないかもしれませんが、かつてはホームヘルパー1級と呼ばれていたものです。ホームヘルパー2級にあたる「初任者研修」の上位版と考えてもらえれば差し支えありません。さて、今後ますますの高齢化が見込まれる現代社会において、介護福祉関係の資格を身につけておくことは、就活をするにも、転職をするにも、非常に大きな武器となります。様々な福祉施設に加えて、市役所などの公的機関でもこういった資格を持つ人材を必要としていますから、手に職をつける意味でも検討してみて損のない資格であると言えるでしょう。さて、介護の資格を取るために資格教室に通うのであれば、初任者研修だけでなく、実務者研修まで取得しておくことをオススメします。実務者研修は上位の資格である分、確かに受講すべき科目数も時間数も多いものにはなってきます。とはいえ、せっかく資格教室にまで通ってこれを取得するのであれば、入り口部分の初任者研修で終わってしまっては勿体ないです。身につけた知識をさらに深め、より高度な仕事で活かせるスキルを体得できるよう、是非とも実務者研修を取得されることをオススメします。

  • お世話をする

    介護の仕事で取得を目指したい実務者研修

    介護の現場ではマンパワーを必要とする作業が非常に多く、人手が居なければ成り立たない仕事です。今後も介護を必要とするお年寄りの数が増加するのは事実でありますので、それに携わるべく人を養成することは重要になります。もちろん介護現場ではマンパワーを必要にしますが、一方では介護をする上では必要な知識や技術を必要とするのは言うまでもありません。その理由には被介護者が生きる上で不自由に感じてしまったり、…