介護のお仕事を目指すのなら実務者研修を受講してみましょう

笑顔の介護士

介護の資格は実務者研修の有無で待遇に差が出ます

ベッドにいる老人

ホームヘルパーという資格をご存知でしょうか。介護関係の仕事を司るにあたって必要となる資格のことで、今では「初任者研修」「実務者研修」という呼称が使われています。さて、これらの資格を取得するために資格教室に通われる方も多いですが、どうせ勉強するなら、より上位の資格である実務者研修の取得にチャレンジしてみましょう。実際、この実務者研修を持っているか否かによって、勤め先での待遇なども大きく変わる可能性があります。たとえば市役所のような公的機関もそうです。公務員なら、何の仕事をしていてもお給料は同じと思われるかもしれませんが、非常勤職員の場合はそうでもありません。特に介護関係の非常勤職員などは、資格の有無や程度によって、待遇が細かくわかれているケースが多く、実務者研修のような上位の資格を持っている人であれば、中堅正職員をも上回る月給をたたき出すようなことだってあるのです。勿論、単にお金がたくさんもらえるというだけの話ではありません。それだけ待遇が良いということは、それだけ大きな責任のある仕事を預かるということでもあります。誇りをもって介護関係の仕事に携わるためにも、是非とも実務者研修の資格を取得されてはいかがでしょうか。

  • お世話をする

    介護の仕事で取得を目指したい実務者研修

    介護の現場ではマンパワーを必要とする作業が非常に多く、人手が居なければ成り立たない仕事です。今後も介護を必要とするお年寄りの数が増加するのは事実でありますので、それに携わるべく人を養成することは重要になります。もちろん介護現場ではマンパワーを必要にしますが、一方では介護をする上では必要な知識や技術を必要とするのは言うまでもありません。その理由には被介護者が生きる上で不自由に感じてしまったり、…